Sponsered Link

車と同じペースで走る場合は、左後ろでなく、真後ろを走ること。

バイク乗りとして、事故に遭わないためには「いかにドライバーに認識してもらうか」が重要になります。

車との事故の理由として「気づかなかった」「分からなかった」というものが多いこと、多いこと。

教習所では確か、車線の左側に寄って走りなさい、なんて教わった記憶があります。今は分かりませんが。

 

実際にはそんなことしてたら、危ないですよ。

 

なぜかというとサイドミラーの確認度って低いんですよ。

サイドミラー見てないドライバーは非常に多い。が、そんなドライバーでもルームミラーは見ていることがあります。

よって、この場合の正解は真後ろを走る、です。もしくは右側でも良いです。左のミラーは見ませんが、右のミラーって目に入りやすいんです。

※でも、いちばん安全なのは車とは一緒に走らない、これです。

Sponsered Link