Sponsered Link

オーランド・ブルームのザ・グレート・ハンズ・プリーチャーズのワールドプレミアでレッドカーペットにバイクで登場

オーランド・ブルームが製作総指揮で作成されたオートバイのドキュメンタリー映画「ザ・グレート・ハンズ・プリーチャーズ」のワールドプレミア上映がスペインで開催された。

これは、第62回サンセバスチャン国際映画祭でのこと。

その登場時のレッドカーペットにオーランド・ブルームがバイクで駆けつけたという話。

女性ファンからは黄色い声と共に「セクシー!」という絶叫が響いたらしい。

実は、オーランド・ブルームは相当なバイク好きで知られている。

この映画では彼の趣味がさく裂していて、米国ロス在住の木村信也を筆頭に、カスタムバイクを作り上げるバイクビルダーたちの魅力と人生哲学を表現した映画。

ちなみに、上映時間は夜中の0時だったとのこと。ちょっと迷惑な気がしますが、当の本人は

「自分は本当にバイクが大好きで。素晴らしい仲間たちと作り上げた作品で、ここに来られて本当にうれしい」

と、興奮気味だったようです。

まぁ、バイク好きがバイクの映画作っちゃったんですから、うれしくてしょうがないですよね。

しかし、この人何台バイク持ってるんだろう。

オートバイのドキュメンタリー映画「ザ・グレート・ハンズ・プリーチャーズ」はこちら。

Sponsered Link