Sponsered Link

ドゥカティから205馬力!の「Panigale 1299(パニガーレ 1299)」

「EICMA2014(ミラノショー)」でDucati(ドゥカティ)が「Panigale 1299(パニガーレ 1299)」の「Standard」「S」「R」モデルを発表。

排気量

「Standard」および「S」モデルに搭載されたエンジンは、排気量が1,285cc。

「R」に搭載されたエンジンの排気量は、スーパーバイク世界選手権のルールを順守するため1,198cc。

フルLED

そして、「S」モデルには、フル LEDを採用。

フルなので、ヘッドライトだけでなく、ブレーキライト、ウィンカー、ナンバープレートライトなどにも LED が使用されたモデルになっている。

補助ボタン

「S」モデルと「R」モデルには、ハンドルバーに補助ボタンが。

これでライダーは

  • 「ドゥカティホイールコントロール(DWC)」
  • 「ドゥカ ティトラクションコントロール(DTC)」
  • 「エンジンブレーキングコントロール(EBC)」

などを、路面状況にあわせ、走行しながら調整可能出来るようになる。

電動サス

さらに、「S」モデルでは、オーリンズの電動サスペンションを搭載。

このサスペンションは、路面状況などを読みとって、ライダーが快適な走行ができるようにフォーク、ショック、ステアリングダンパーなどを調整するすごいサスペンション。

重量

「スタンダード」および「S」の乾燥重量は、前モデルよりも軽量化がされて166.5kg。「R」は162kg 。

Sponsered Link