バイクコンテナ月極の価格相場。盗難防止に欠点はあるのか?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

この価格でバイク用コンテナが設置できるなら安い?

盗難防止、雨風からのダメージを防ぐならバイク用のコンテナ。

でも、バイクコンテナって言われているものもいろいろあって、結構ピンきりなわけです。

バイクコンテナを購入する場合の相場は、だいたい15万円から40万円くらいです。

これを高いと思うか、安いと思うかはその人次第でしょう。

参考までに下の方でBOXSHELLOというバイクコンテナを紹介しているので、詳細はそちらをご確認ください。

バイクの保管場所に困っている人は多い

バイクの保管場所って困りますよね。

屋外だと、風雨や盗難にかなり気を使わなければなりません。

かといって駐車場を借りるもの、結構なコストになってしまいますし、駐車場は青空駐車がほとんどなので、風雨と盗難に対しての対策にはなりません。

そんなときには、思い切ってボックスシェロー(バイクコンテナ)の購入なんてどうでしょう?

もちろんコンテナを置く場所が確保されているのが前提ですが、これで、風雨と盗難の恐れから解放されるのであれば安いものかもしれません。

ボックスシェロー(BOXSHELLO)バイクコンテナは

  • 扉にシャッターを採用
    シャッター・鍵穴をスロープ・防犯バーで完全防御。
  • 室内も充実
    専用ラバーマット(交換可能)、専用棚、両サイドパネルフック(2個付属)を利用してパーツ、ジャケット、工具類を入れられます。

という特徴があります。

詳細はこちらからご確認ください。

ハーレーライダーに人気!4重ロックバイクガレージ ボックスシェロー(DS) BOXSHELLO-DS 幅1370×奥行3050×高さ2070mm【送料別途】[車庫/ガレージ/格納庫/保管庫/駐車場/倉庫/品質/防犯/高級

価格:359,820円
(2019/5/14 23:13時点)

でも、やっぱりまとまったお金がなかったり、設置するスペースがないような場合は、バイクコンテナを借りるのが一番だと思います。

コンテナと言うとトランクルームのような荷物の保管場所として有名ですが、バイク用のコンテナも結構あります。

月極で、もちろん地域によって異なりますが、安いところだと月額5000円程度からあります。

以下のスペースプラスはバイク用のコンテナも数多く取り揃えているので、お住いの近くであるか確認してみてください。

安いバイクコンテナのメリットとデメリット

バイク愛好家にとって、バイクコンテナは貴重な所有物を保護し、長期保存や輸送の際に安全に保管できる便利なアイテムです。

しかし、バイクコンテナの価格帯は幅広く、安価なものから高価なものまでさまざまあります。

安いバイクコンテナを選ぶ際には、そのメリットとデメリットをよく理解することが重要です。

安いバイクコンテナのメリット

1. 費用対効果が高い: 安いバイクコンテナは予算内で手に入れやすく、一定の保護機能を提供します。初めてのバイクコンテナ購入や一時的な利用に最適です。

2. 簡易な構造と軽量: 一部の安価なバイクコンテナは簡素な設計であり、組み立てや移動が簡単です。軽量であるため、移動や収納が比較的容易です。

3. 基本的な保護機能を提供: 安いバイクコンテナでも、基本的な防水性や防塵性を備えていることがあります。短期間の保管や一時的な使用には十分な場合があります。

安いバイクコンテナのデメリット

1. 耐久性の低さ: 価格が安い場合、材質や構造が弱く、耐久性が低いことがあります。長期間の使用や厳しい環境下での保管には向かないかもしれません。

2. 機能の制限: 安価なバイクコンテナには、高価なものに比べて機能面での制限があります。特定の保護要件を満たせない場合がありますので、使用目的に合わせた選択が必要です。

3. 保証やサポートの不足: 一部の安いバイクコンテナには保証やサポートが限られていることがあります。品質や機能に関する問題が発生した場合、十分なサポートを受けられないことがあります。

安いバイクコンテナを選ぶ際には、価格だけでなく、耐久性や機能性、保証なども考慮することが重要です。バイク所有者は、自身のニーズに最も適したバランスの取れた選択をすることが大切です。

バイクコンテナの欠点とは?

バイクコンテナは、バイク所有者にとって重要なアイテムであり、貴重な所有物を保護するために利用されます。

しかし、バイクコンテナには利点だけでなく、いくつかの欠点も存在します。ここでは、バイクコンテナにまつわる欠点について詳しく見ていきましょう。

欠点1: スペースとサイズの制約

バイクコンテナは、一定のサイズと形状を持っています。そのため、大型のバイクやカスタムモデルなど、特殊な形状を持つバイクを収納するのには制約が生じることがあります。また、バイクコンテナを保管するためのスペースも必要であり、屋外に設置する場合はそのサイズや設置場所の制限に注意が必要です。

欠点2: 通気性と湿気管理の課題

一部のバイクコンテナは通気性に欠けるため、湿気や結露が発生しやすい傾向があります。特に長期間保管する場合、この問題はバイクの健康を脅かす可能性があります。十分な通気性を確保するために、コンテナ内の湿気管理や適切な通気対策が必要です。

欠点3: 価格と品質のバランス

バイクコンテナの価格帯は幅広く、安価なものから高価なものまでさまざまです。しかし、価格と品質にはしばしばトレードオフがあります。安価なバイクコンテナは耐久性や機能性に欠けることがあり、一方で高価なものは高い品質と機能性を提供します。適切なバランスを見つけることが課題となります。

欠点4: 保管場所の選択と環境要因

バイクコンテナを設置する場所や環境は重要です。屋外に設置する場合は、気候条件や自然災害からの保護が必要です。屋内に設置する場合も、適切な保管状態を確保するためのスペースや条件を整える必要があります。

バイクコンテナには多くの利点がありますが、これらの欠点も避けては通れません。

バイク所有者は、自身のニーズや環境に合わせてこれらの欠点を克服するための対策を検討することが重要です。

バイクコンテナではバイクが盗難される?

バイクコンテナは、バイク所有者にとって貴重な所有物を保護するための安全な手段として広く利用されています。

しかし、時折気になるのはバイクコンテナの中でのバイク盗難のリスクです。ここではバイクコンテナ内でのバイク盗難の可能性について考察してみましょう。

バイクコンテナでの盗難リスクの実態

一般的に、バイクコンテナはバイクを保護するための堅牢な構造を持っています。

多くの場合、バイクコンテナは錠前やセキュリティ機能で保護されており、外部からのアクセスが困難です。そのため、バイクコンテナ内での盗難は通常は少ないと言われています。

しかし、完全に盗難リスクがないとは言い切れません。

一部の高度な盗難者は、セキュリティを突破する手段を持っているかもしれません。

また、バイクコンテナが適切に施錠されていなかったり、監視が不十分であったりすると、リスクが高まる可能性があります。

盗難リスクを低減する方法

バイク所有者がバイクコンテナでの盗難リスクを低減するためにできることはいくつかあります。

  1. 強化されたセキュリティ対策: 高品質な錠前やセキュリティシステムを使用し、バイクコンテナのセキュリティを強化します。
  2. 監視と点検: 定期的な監視と点検を行い、バイクコンテナのセキュリティや施錠状態を確認します。
  3. 環境の選択: バイクコンテナの設置場所を選ぶ際には、安全性や盗難リスクを考慮し、盗難被害の少ない環境を選ぶことが重要です。

結論

バイクコンテナ内でのバイク盗難は完全に防げるわけではありませんが、適切なセキュリティ対策や注意を払うことでリスクを低減することが可能です。

バイク所有者は、適切な対策を講じてバイクを安全に保管することが重要です。

トランクルームはバイク盗難されるのか?

トランクルームは、貴重なアイテムや所有物を保管するための便利な施設です。

自宅の保管スペースに限りがある場合や一時的な保管が必要な場合に役立ちますが、トランクルーム内でバイクが盗難されるリスクについて気になる方もいるでしょう。

ここでは、トランクルームでのバイク盗難の可能性について考察してみましょう。

トランクルームでのバイク盗難リスクの実態

一般的に、トランクルームは盗難や不正侵入を防ぐためにセキュリティ対策が施されています。専用の施錠機能や監視カメラ、施設管理者による巡回などが行われ、セキュリティが強化されています。

そのため、トランクルーム内でのバイク盗難は比較的少ないと言われています。

トランクルームは一般的に盗難が少ない場所として知られており、適切なセキュリティ対策が施されていることから、他の場所よりも安全性が高い傾向があります。

盗難リスクを低減する方法

トランクルームを利用する際に、バイク盗難リスクを低減するためのいくつかの方法があります。

  1. セキュリティの確認: トランクルームのセキュリティ対策が十分かどうかを確認しましょう。監視カメラや施錠機能などが適切に設置されているかをチェックします。
  2. 施設の評判を調査: トランクルームの利用者のレビューや評判を確認し、安全性や盗難に関する情報を収集します。
  3. 保険の検討: バイクの保険を検討し、盗難時の補償や保障を確認します。万が一の場合に備えるための重要な手段です。

結論

トランクルームでのバイク盗難は完全に防げるわけではありませんが、適切なセキュリティ対策や周辺環境の評価を行うことでリスクを低減することが可能です。

バイク所有者は、トランクルームを利用する際にセキュリティや保険などを考慮し、安全にバイクを保管することが重要です。

まとめ

バイクの保管方法には様々な選択肢がありますが、その中でもバイクコンテナやトランクルームといった施設利用に関する懸念があります。

バイクコンテナは比較的堅固な構造やセキュリティ機能を備えており、通常はバイク盗難のリスクが低いとされています。

しかし、価格や耐久性などの制約も存在し、適切な選択と注意が求められます。

一方、トランクルームは一般的に盗難が少ない場所として知られており、セキュリティ対策が施されているため、バイク盗難のリスクは比較的低い傾向にあります。

ただし、施設ごとにセキュリティ水準や保管条件が異なるため、適切な施設の選定や保険の検討が必要です。

バイク所有者は、適切なセキュリティ対策や保険の確認、施設の評判などを考慮し、自身のニーズに合った最適な保管方法を選択することが重要です。

そして、バイクの安全な保管に関する責任感を持ち、セキュリティ対策や保険などを万全に整えることで、バイクの盗難リスクを低減し、安心して保管することが可能です。