ハーレーダビットソン ブレイクアウト(BF5) CVOブレイクアウト(TD9) 1,431台のリコール

ハーレーダビットソン、2形式1,431台のリコール

1日、ハーレーダビットソンは2012年9月から2014年4月までに製造したブレイクアウト(BF5)およびCVOブレイクアウト(TD9)の内、1,431台についてリコールを届け出た。

0503_1

ブレイクアウト(BF5)およびCVOブレイクアウト(TD9)はハーレーのクルーザータイプ大型バイク。
最初のモデルは1984年に発売されたロングセラーモデル。典型的なアメリカンタイプを踏襲していて、そのスタイルから日本でも人気がある。
その中でもCVOは少量生産される改造車。希少性が高くコアなファンが多い。

今回のリコールですが、燃料の残量が少なくなったことを示す警告灯が点灯しないことがあるようで、燃料切れに気づけない可能性があるというもの。安全性という点からは安心できる内容ですが、スクーターみたいに軽いものではないので、ガス欠になるのは嫌ですよね。

続きはこちらから

ハーレーダビットソン、2形式1,431台のリコールを届出 | 財経新聞
1日、ハーレーダビットソンは2012年9月から2014年4月までに製造したブレイクアウト(BF5)およびCVOブレイクアウト(TD9)の内、1,431台についてリコールを届け出た。

 

あなたのバイクもっと高く売りませんか?

コメント